ビタミンC誘導体の効果|ニキビのコンプレックスを解決する|ニキビ洗顔で美肌を目指す
婦人

ニキビのコンプレックスを解決する|ニキビ洗顔で美肌を目指す

ビタミンC誘導体の効果

メイクアップ

不要な角質を剥がす

ビタミンC誘導体には、くすみの元となるメラニンの生成を抑える効果がある。この成分が配合された化粧品を使用すると肌表面に溜まった不要な角質が剥がれ、新しい細胞が生み出されるという。ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性がある。水溶性は肌に浸透しやすく、比較的早い段階で効果が得られると言われている。油溶性は、即効性はないが肌に留まる時間が長いので持続性が高い。刺激が少ないのもこのタイプの魅力である。肌が弱い人は、刺激が少ない油溶性を選ぶと良い。ビタミンC誘導体は、くすみを改善させるほかに、たるみを予防する効果がある。化粧品を使用し続けると肌の生まれ変わりをサポートし、艷やかで美しい肌に改善されるという。

紫外線予防も大切

「くすみ」は血行が悪くなることでもおこる。入浴して改善されるくすみは、このタイプである可能性が高い。 この場合は体を温めることで劇的に改善される。さまざまな方法があるが、蒸したタオルが最も効果的である。10分間顔に乗せると血流が促されて、滞ったくすみ改善されるという。蒸したタオルは、毛穴を開かせる効果もある。このタイミングで化粧品を与えると、成分の浸透力がより高まるという。紫外線を浴びない生活を心がけることもくすみ予防になる。外出時はUVクリームを塗ってバリアすることを忘れてはならない。日焼けは厳禁である。もし焼けてしまった場合は化粧品を使用するのではなく、ビニールに入れた氷水で冷やすと良い。